女性活躍推進!女性リーダー育成・女性起業家育成 WOMANTOWORK協会 > 働く女性支援コラム > 働く女性のキャリア > 書類選考必勝法?!採用担当者を夢中にさせる応募書類のポイント

書類選考必勝法?!採用担当者を夢中にさせる応募書類のポイント

書類選考必勝法?!採用担当者を夢中にさせる応募書類のポイント

働く女性を応援するためにお役立ち情報も発信していきます

qa04 苦手な女性も多いであろう面接書類・応募書類作成!
”書類選考”と聞くとそれだけで気分が憂鬱になる…

そんな働く女性も多いのではないでしょうか?

 

私も新卒時の就職活動・社会人になってからの転職活動の時に憂鬱になりながらたくさんの応募書類を作成していました

何度書いても嫌なものです…

 

しかし、

私は書類に強いです

 

実は…書類で落ちた記憶がない!

これって結構すごいことみたいですね

 

応募書類・職務経歴書には書き方のポイントがあるのです!

イヤイヤ書いていても

このポイントをしっかり押さえることが出来ていれば書類審査はそんなに怖いものではありません

 

先日このWOMAN TO WORK協会で開催した

第一回サポーターコンテストで選出する側になった経験も踏まえて

選考に強くなる応募書類の書き方をレクチャーしていきますね!

 




 

<受かる書類と受からない書類の違いは一体何?>

 

受かる書類と

受からない書類には一目でわかる違いがあります

 

それは”数字”です

 

書類の中に具体的な数字が入っているかいないか…ここが大きなポイントになってきます

 

「自分の今までの実績を数字で表すことが出来ているか」という視点で書類を見たことがありますか?

書類審査をする採用担当者の方はたくさんの書類に一気に目を通しています

 

採用担当者の気持ちになってみてくださいね

たくさんの書類を見ながらどう思っているか…?

 

「差がわからないなー」

そう思っているのではないでしょうか?

 

会ったことのない人を書類だけで判断するという作業はとても難しいですよね

それなのに具体的な実績を書かないなんて何もアピールしないのと同じです

 

だってどうやって判断しろって言うの??

 

きちんとした文章が書ける

社会人として十分な振る舞いが出来る

 

これは当たり前のスキルです

 

じゃあ私達働く女性が求められているものって何だと思いますか?

採用担当者に何を伝えたら食いついてくれる?

興味を持ってもらわなきゃそもそも書類自体を読み込んでもらえないんです!

 

となると必要なのはやっぱり具体的な実績ですよね

 

数字が見えないとリアルティがないのに

具体的な数字を入れる人が圧倒的に少ないそうです

 

数字がないと判断しようがありません

いくら文章で

 

「○○ができます!」

「○○が得意です!」

 

と言われても

じゃあどれくらいできるの??って思ってしまうだけなのです

(本当にできるの?と思う人もいると思います。みんな同じようなこと書いてるからね)

 

具体的な数字がないと説得力がないんです

数字は大きければいいってものでもありません

数字の大きさは働く環境によって違ってきますからね

 

だから実績となる数字が小さくても書いた方がいいんですよ!

たぶん、私の実績なんて…と思って書けない人が多いのかなと思いますが書かなきゃ実績ナシです

 

実績があるならしっかりと数字を明記しましょう

数字が入った実績・経験談があって初めて「うちの会社に合うかな?必要な戦力かな?」という風に考えてもらえるのです

 

資格があると有利なのは

資格がある程度能力の見極めの役に立つからです

 

今までどんなことでどんな実績を上げてきた人なのか?

採用担当者はそこが知りたい!

 

なのに皆さん書かないんですよね

数字にして表現することを怖がっていたら書類審査に強くなることは難しいです

(面接でも同じです。やっぱり数字を言わなきゃダメ)

 

数字を入れないことは評価されることから逃げている

採用担当者にはそういう風に見えています

 

そして仕事において数字化するというのはとても大切なポイントですね

 

なんでも数字で管理します

男性と話していると成果主義だなと感じることはありませんか?

 

で、どうなの?

だからどうなの?

何が言いたいの?

 

そんな風に言われた経験がある女性も多いはず

 

これは男性脳と女性脳の差からくるものだと思いますが

感情論だけで納得できるのは女性だけです

 

残念ながら仕事で必要になってくるのは成果を求める男性脳ですね

だから成果を意識した書類作成をしてほしいのです

 




 

<あなたじゃなきゃダメな理由をアピールしていますか?>

 

書類審査で一番やってはいけないことは遠慮をしてしまうこと

遠慮をすると極端に何ができる人なのかわからなくなります

 

何ができるかわからない人は当然ながら選考から外されますよね

 

「じゃあ一体何をしてくれるの?」

「どんな効果をもたらしてくれるの?」

 

ここが知りたいのにアピールしてくれる人って極端に少ない

 

何ができるかわからないけど挑戦してみたいんです!

というスタンスの人と

○○と△△を実行して、こういう効果が出るように××が必要だと思います。その××を私は過去にやってきました!

 

この二人なら採用担当者のハートを射止めるのはどちらでしょうか?

採用担当者はあいまいな理想論が聞きたいんじゃないんです

あいまいな理想論はみーーーーーんな書いているからもう飽き飽きしている…

 

たとえ方向性が少し間違っていたとしても

(実際にその××は必要なかったとしても)

 

自分のできること・やりたいことを考えて伝えるという姿勢が評価されます

だってまだ始まってないんだから正解なんてわからなくて当然でしょう??

 

自分なら何ができるか

どんなことをやっていきたいのか

受け身ではなくガンガンアピールしていく姿勢が大切です

 

そうしてくれないと採用担当者はあなたが働いている姿をイメージすることが出来ません

(イメージ出来たら書類審査位なら受かると思いませんか?)

 

これは今後もっと必要なスキルになってくるでしょうね

日本人はアピールしないけど、外国の方はとってもアピールがうまいもの

 

これから増えてくる外国人労働者に負けないためにもアピール力が必須になってきます

 

”私”がその会社に対してできることは何なのかを考えていく必要がありますね

そしてそれを熱意をもって伝えていく

熱意は必ず伝わります

 

本当に行きたい会社に熱意を込めて書類を書いていきましょう

 

 

この二つのポイントは採用以外にも使うことが出来ます

何かのオーディションとか

簡単なもので言うとこのWOMAN TO WORK協会のサポーターコンテストもそうです

 

どんな時も数字をきちんと意識する

あなたじゃダメなアピールポイントを盛り込むようにする

 

これで今よりは確実に書類審査に強くなれるはずです!

 

私もつい先日とあるものに応募してみました

やっぱり書類審査をばっちり通過しましたよ~!

 

ぜひ採用担当者の気持ちになって読んでいて夢中になれる応募書類を作っていってくださいね^^

自分のやりたいことに近づくために書類選考に強い働く女性になっていきましょう!


代表理事能登すみれのアメブロもよろしくね♡