新着情報

働く女性が抱える6つの悩み

女性は育児をするなら仕事はあきらめなきゃいけないの?

1985年に男女雇用機会均等法が制定され施行後20年ほど経ちますが、 日本は未だに根強い男性社会であると言えます。 結婚での退職は減っていますが、出産・育児での転職・退職はまだまだ減ってきていません。 残念ながら育児は母親の仕事という考え方はなかなか変化していないようです。 出産したら今までと同じようには働けない…と自分の仕事をあきらめてしまう働く女性がとても多いのです。 また、若いうちに仕事を頑張りたい!と考える働く女性が増え、晩婚化や未婚女性の増加が進んでいます。 男女を問わず多くの人が出産後も仕事を続けたい(続けて欲しい)と考えています。 働く女性が仕事をあきらめない環境つくりを早急に進めていかないといけません。 働きたい人が働き続けられる環境とはどのようなものでしょうか?私たち女性も過去の固定概念を捨てるときが来ています。

 

時代にあった働く女性のロールモデルとは?

会社には理想のロールモデルとなる先輩女性社員がいない…そんな声をよく耳にします。 では働く女性の理想のロールモデルとはどんなものでしょうか? ロールモデルは自分の一番大切にしたいものを中心に考えていきましょう。 今までにない形で構いません。自分の働きやすい環境をイメージしてそこに現実を近づけていきましょう。 理想のロールモデルは一人一人違っていいのです。誰かになろうとしなくて大丈夫。 これからロールモデルは一つではなく個々に合わせてカスタマイズしていくものになってきています。 色んな場所・色んな職業・色んな働き方の働く女性が増えていくことになるでしょう!

 

女性は男性と同じ仕事・働き方をしなくてはいけないの?

男性社会の中で活躍する働く女性も増えてきましたが、その多くはバリバリ働けるモーレツ社員です。 体力や考え方も違うので男性と同じように働くというのはなかなか難しい。女性には女性らしい働き方があります。 体調を崩す働き方は賢いとは言えません。 男性と同じ働き方をしなくてもきちんと稼げている女性はいます。男性と同じように働かないといけないという固定概念を取っ払いましょう。 女性には女性の得意なことがある。できないこともある。きちんと男女の違いを理解して自分の仕事に責任を持つという姿勢が大切です。 バリバリやらない=責任を持たないではありません。 自分には何ができるか?をきちんと考えましょう。自分の仕事に責任を持てばどんな働き方も正解なのです。

 

この仕事は私じゃなくてもいいのでは?

今の仕事を頑張る価値が見いだせない、誰がやっても同じなのではないか? 誰にでもできる仕事しかできない私には価値がないのではないか? 誰がやっても同じ仕事なんてありません。残念ながら目の前にある仕事に夢中になれない人は何をやっても続きません。 仕事に価値を見出せるかは自分次第です。今の仕事をやりきった上で次のステップへ進みましょう。 仕事は与えられるものではありません。自分で見つけるものです。

 

自分らしく働くってどういうこと?

自分らしく働く女性ってどんなイメージでしょうか? 独立してバリバリ働いている女性をイメージするかもしれません。しかし会社にいても自分らしく働くことは可能です。 自分の絶対に譲れないものを大切にするのが「自分らしく」働くということ。 会社員でキャリアアップを図る、起業して独立する、他のどんな働き方も正解です。自分らしくいられるものを選びましょう。 ただ、自分らしく働くというのはとても覚悟がいること。とことん自分と向き合った人だけができる働き方なのです。

 

給料が安すぎる

会社からいただくお給料が安すぎる。ずっとこのままだと将来の生活が不安。 働く女性の悩みの一つが「お金」だと思います。 男性との給料格差はなくなってきている…とはいえ。非正規雇用で働く女性が多いのが現状です。 今のお給料では生活できないと悩んでいるならばどうすればお金が増えるか考えましょう! 今の働き方を選んでいるのは自分自身です。 この仕事しかできないと決めつけているのも自分自身。稼ぎ方を決めているのも自分自身。 お金を増やす方法はいくらでもあります。 本当に必要な金額を知ってそれを稼ぐためにどうするのか?を考えましょう。

 

自分らしく働きたい女性のために!7日間の無料メールセミナーをご用意しました無料会員様全員にプレゼントしています!自分らしく働く女性に変身しませんか?欲しいものはすべて手に入れる!自分らしく働く女性の7つのルール

メールセミナーバナー

一般社団法人WOMAN TO WORK協会が選ばれる理由

会員登録料・年会費無料!

  • 会員登録に費用が掛かりません
  • 働く女性ならどなたでも登録できます

幅広い層の会員様と交流ができる!

  • 会社で働く女性、個人で働く女性、色んな働き方をしている女性同士で交流することで視野が広がります
  • 困ったことは先輩に相談できる働く女性が安心して参加できるコミュニティつくりをしています

情熱を持ってイキイキと働く自分に出会える

  • なんとなく働く自分を卒業!
  • 仕事を通じて失った自信は仕事を通じて取り返しましょう!
  • 自分の仕事に自信が持てるようになります

実践的なセミナーで発揮しきれていない働く女性の能力を引き出します

  • 各種セミナーを通じて働く女性の能力開花を支援
  • 受けたあとに何をすればいいかがきちんとわかる、行動に移せる
  • セミナーはとにかく“実践的”にこだわっています

経験豊かな講師陣があなたを徹底サポート!

  • 講師は全員女性です
  • 女性ならではのお悩みにも丁寧に対応させていただきます
  • 気軽にご相談くださいね!

代表理事挨拶

WOMAN TO WORK協会 代表理事 能登すみれ はじめまして!
一般社団法人WOMAN TO WORK協会 代表理事 能登すみれです。

私は男女雇用機会均等法が制定された1985年に生まれ、大学生まで男女の差を感じることなく生活してきました。
就職活動のキャリア選択において男性との違いを初めて実感しながらも営業職として大手メーカーに勤務。

安定した恵まれた環境で働いていましたが「女性だから」という偏見や「女性は結婚・出産を優先すべきだ」という考え方から自分の将来のキャリアが全く見通せないでいました。

結婚もしたい
子供も産みたい
でもしっかり働きたい!


そう考えている女性は多いのではないでしょうか?
日本でも働く女性が増えてきています。
しかし、働く女性を取り巻く環境には課題が山積みです。
育児のために自分の仕事を断念する女性がとても多く、子育てか?仕事か?という答えの出ない悩みを抱えてながら働いている女性もたくさんいます。

私は2015年6月に「このままでは幸せになれない!自分の人生は自分で決める!」と気合と根性で起業しました。
会社組織とは違い、働き方に女性も男性もありません。

日本の女性の社会進出は先進国の中で非常に低い水準だと言われています。

これは男性社会のせいかもしれません。
でも男性に社会を変えてもらうことを望んでいる女性のせいだとも言えるのではないでしょうか?

私たちが自ら新しい社会作りに働きかけることできっと女性の働き方は改善できると思います。
女性が輝けば日本はもっと素晴らしい国になるでしょう。

私は働く女性の支援を通じてよりよい社会作りができると信じています!

たった一度の人生ですもの。
仕事も結婚も子育ても全て楽しみましょう!

「女性が清く正しく美しく働ける世界をつくる」