女性活躍!働く女性の悩みを解決 WOMANTOWORK協会 > 働く女性支援コラム > 働く女性のキャリア > 上司がわかってくれない・会社が変わらない…じゃあどうする?

上司がわかってくれない・会社が変わらない…じゃあどうする?

女性が清く正しく美しく働ける世界をつくる
WTW協会代表理事

能登すみれです

6_300055
上司についての愚痴を相談されることが多いのですが
私の回答はちょっと他の人と違うかもしれません

ズバズバ言いますが大事なことなので受け止めていただけると嬉しいです

上司がわかってくれない
会社に伝えても全然変わらない

これ、私も思っていました

もっとよくするために伝えているのに何で?!と会社員時代はよくぷりぷりしていたものです

自分がしていることは会社のためであると疑っていなかったあの頃の私よ、それは間違いだぞ

 

上司が動いてくれない、会社が変わらないというけれど

なぜ上司は動かないといけないのでしょうか?
なぜ会社は変わらないといけないの?

大事なのはここなんです
なぜ?の部分の根拠を教えてください

こう感じるからという感情の話ではなく
数字や事実として示せますか?

もっとよくしたいと思ってしている行動が
当に会社のためになるのかどうかの自信はありますか?

その提案に対して責任を取る気はありますか?
ちょっと厳しいでしょうか^^
でも提案する、意見をするってそういうことなんですよね

自分がする主張に対して責任を取れないなら
提案はするべきではないと思います

ここで少し上司や経営者の立場に立ってみてください

社員からのどんな提案だったら取り入れようと思えますか?
提案にやる理由とメリットを感じないとやらないのです

大事なのあなたの感情や主観ではないのです

倫理的に
人として

と言いたくなる気持ちわかります
でもそれよりも数字や事実をみます

特に経営者になると
法律を守りながらどれくらい数字を伸ばせるか?が大事になってきます

会社を存続させていくため
より大きくしていくため

そして社員に給料を支払うため

色んなことを鑑みて決断をしています
背負っているものが違うんです

質をよくするための提案も

「この方がいいと思うのに」レベルでは聞く価値がありません

変わってくれないのではなく
聞く価値がないからスルーしているという可能性も検討してみてくださいね

もちろん誰だって良くなる方がいいです

じゃそれにはいくらかかるの?
期間は?
その結果どんな利益がどのくらいでるの?

これが見えなきゃやる意味を感じられないので
聞く価値がないのです

こっちがいい
それは感情での判断ではないですか?

その発言に責任を持てますか?

会社は学校ではありません
ビジネスをする場所です

仲良しこよしをしにいく場所ではありません
成果を出してお給料をいただく場所
仕事をする場所
学校で学ぶべきことは
お金をいただいてやることではありません

提案って自分の気持ちやしたいことをただぶつけることではないです

会社のために発言した!と思っているかもしれませんが
それが会社のためになるかは内容次第です

現実的な提案ではなく、
思っていることや感じること(感情)をぶつけられるだけだと困ることの方が多いです

お金をもらうために結果を出す
それが会社です

 

視点を変えましょう

経営者が見ているのは
そこではありません

ほしい提案もそれじゃない

 

賢い女性は
そこを理解した上で

自分や周りにもメリットがある提案を上司や会社に投げて交渉します

経営者が背負ってるものを理解しましょうね
わかってほしいと思うならまず自分が相手を理解するように努力しましょ!

協会の認定講師にもよく言うんです

「その提案をしてきた意味は?根拠は?」
「なんで私がそれをやらないといけないの?」

説明できないなら即却下します

厳しいように見えるかもしれませんが
これが一番成長する方法なのです

きちんと筋が通っている意見は採用しますからね!

あ、あの時は自分の考えが浅かったなと気付けるようになっていきます

 

こんな風に言うと難しいことだと身構えてしまいがちですが
慣れてしまえば実は簡単だし

自分のやりたいことや望みを叶えやすくなります

課題解決能力って色んなことを実現するために必要な能力だなと強く感じますね^^

もちろん数字で示せない提案もあります
新しい取り組みなんかはなかなか数字が出せませんよね

でもそういう時も伝わる伝え方があるのです
(根性!とかパッション!とかではないですよ)
(熱意は大事ですが熱意だけじゃだめ)

相手が納得できるような提案の仕方をぜひ学んでくださいね!
ぷりぷり怒っても
仲間内で愚痴を言っても現実は変わらないし

年をとるだけです

もったいないな~と心から思いますよ!

 

”欲しいものを全て手に入れる”そんな生き方をしよう


自分らしく働くを自分の手で叶えよう