働く女性の悩みを解決 WOMANTOWORK協会 > 働く女性支援コラム > 働く女性のキャリア > 女性を輝かせたいなら、女性が女性のマーケットを作ればいい

女性を輝かせたいなら、女性が女性のマーケットを作ればいい

働く女性を本当に輝かせるために必要なものとは?

WTW協会代表理事
ブランディングプロデューサー

能登すみれです

%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab
 

4月1日に新事業をリリースさせていただきました
一生輝き続ける”女力”育成ラボ(研究所) Shine Up!

詳細は下記をご覧ください↓
http://womantowork.com/service/course/

 

女性を輝かせるために本当に必要なものってなんだろう??

女性にはどんなものが必要なんだろう?
このWOMAN TO WORK協会を設立してからずっと模索してきた課題でした

 

女性の力=女力

私たちが持っている才能やパワーはうまく活かされているでしょうか?

私たちは力を発揮できているでしょうか?
この女力を引き出すために必要なのは芯となる部分の強化だと感じています

男性的な強さではなく
しなやかさや優しさを兼ね備えた女性らしい強さをもって

もっとのびのびパワフルに女性が羽ばたいていけば
日本はもっと変わるんじゃないかな?

そのために必要なのは何よりも”自信”なのではないかな?

そう感じました
自信が持てればどんなことにも果敢に挑んでいけると思います

 

新事業を通して
まだまだ隠されている”女力”を引き出すお手伝いをしていきたいと思います^^

さて今日は少しビジネス寄りのお話をさせてください

 

WOMAN TO WORK協会は働く女性の支援を目的として活動をしています
働く女性の置かれている状況はどうでしょうか??

女力が活かされているかどうか?という視点で見てみると
ちょっと(いやかなり)微妙なのではないかな?と思っています

 

男性が築き上げてきた男性社会の働き方に合わせるように

女性のキャリア進出が進んできています
女性管理職を増やすような動きも出ていますね

しかし…
以前から言われているように
この男性社会で生き残っていける所謂キャリアウーマンは
強い方が多いですよね

男性のように働くことを求められるので当たり前です
私も会社員の頃は男性のようにならなきゃ!と意気込んでいたタイプでした

勝気な性格のせいか「女だから」と言われたくなくて

すごく頑張っていました
でも体調を崩し、会社員をやめることになったんですよね

 

少し大きな話になりますが

女性の社会進出が進むにつれて
結婚が遅くなり、出生率が下がり、離婚率は上がってきているそうです

がむしゃらに働いていると20代はあっという間に過ぎるし
子供を産むタイミングも考えるし
そこそこ稼げていたら男性がいなくても生活できるし

なんだかこうなる理由が凄くわかりますよね!
女性の社会進出が進むとこんなことも起こるんだなあと思って眺めていますが

実際に31歳とお年頃の私こそまさにドンピシャで少し笑ってしまいます

 

日本の働く女性は男性のように働きたいのでしょうか?

私は男性のように働かなきゃ!と思い込んでいましたが
起業という道を選んだ今思うことは

もっとフレキシブルさを手に入れたい

です

 

家事は夫婦で割れるけど

出産・子育ては夫婦で割れない

他にも女性はまだまだ求められているものがありますよね
日本は女性の家庭での役割がとても多い国です
家庭を守る役割を担ってきた文化が残っているからですが

女性の社会進出が進んできたからと言って
ここの価値観がいきなり変わるわけではないのですよね

働きたい
働かなきゃ

と思っていても

現実がうまくいかないのはここのミスマッチが原因だと思います
子供がいたらどうしても子供のことを優先しなきゃいけない時もあるし
優先したいと考える女性もたくさんいるはずです

働きたいけれど家庭も支えていきたいと考える女性もまだまだたくさんいるはずです

 

男性社会の中で女性を輝かせようとするのは一体どんなメリットがあるんだろう?とすごく疑問に思うのです

男性は女性の輝かせ方が本当にわかっているのだろうか?

女性にしかわからないのではないだろうか?

わからないけれど、わからない中でどうにか形にしようとしているのではないだろうか?

 

わかって!どうにかして!

といくら声をあげてもわかるわけがないと思うんです
だって男性は男性なんだもの

もちろん私たちも男性のことをわかってあげられませんよね

だから自分たちのことは自分たちでやらなければいけないんだとすごく感じています
女性だってマーケットを作ってお仕事を生み出すことが出来ます

 

男性と同じ形でなくてもいいのです
女性らしい形のビジネスが構築できればいいだけなのですから

本当に女性を輝かせたいなら男性が指揮をとっていてはダメなのです

私たちが率先して自分たちが働きやすい働き方を模索する方がきっと早いです

 

女性には女性の得意なことがある
得意なことを伸ばしていくことが一番ストレスなく頑張れる方法です

私は男性社会には合いませんでしたが仕事はものすごくパワフルにこなします
自分はダメなやつと思っていたんですがどうやらダメなやつではなかったようです

男性社会で失いかけた”自信”を取り戻したので
同じように感じている働く女性のために

まだまだ微力ですが
少しでも働く女性の環境が変わっていくように活動を続けていきたいと思います

女性に優しいけれど甘いわけではない

そんな女性の働き方を模索していきます^^

 

”欲しいものを全て手に入れる”そんな生き方をしよう


毎日更新中のアメブロもよろしくね♡