働く女性の悩みを解決 WOMANTOWORK協会 > 働く女性支援コラム > 働く女性のキャリア > ただ「好きだから」では仕事は出来ません

ただ「好きだから」では仕事は出来ません

アピールポイントも、上手に活かさなければ採用はされない

キャリアコンサルタントの古賀ちぐさです。

o0331042513517976458
 

働く女性向けのコラム記事で

「話をするのが好きなら営業を目指しましょう!」
「話し好きなら営業で結果を出せます!」

ということが書かれている記事を読んだことありませんか?

 

採用担当だった私に言わせれば

「いやいや、そんな単純な話じゃないですよ」なのですが、

意外とこれを信じている人、そう思い込んでいる人が多いんです(苦笑)

 

営業職だけに限らず

「◯◯が好きだから・・」

という理由で、その職種の面接を受けに来る。

 

もちろん、「好きである」ということは大事です。

 

私も、自分の好きな仕事をして!と言っています。

でも、残念ながら、それを上手に活かさないと採用されされません。

 

私は「話をするのが好きだから営業をやりたいです」と言われたら、学生さんはともかく中途採用なら不採用です。

 

それはなぜか

あー。すぐ辞めるだろうな

って思うから。

 

営業に限らず、どんな仕事でも、ただ「好きだから」では出来ません。

 

話すのが好きだから営業

人の相談に乗るのが好きだからカウンセラーやセラピスト

人をサポートするのが好きだから人事や総務

 

本当にそんな人に任せたいと思う?

私は怖くて任せられないです。

 

例えば、料理がすごく好きな人がいて、

「料理が好きだから料理教室をやりたい!」って思ったとしますよね。

 

でも、その人の料理がまずかったらどう?

そんな料理教室行きたくないでしょ?

 

好きだけど上手に作れない・・という人はいる。

お家で家族に作るならいいけど、プロとして出せるレベルではない・・という人もいる。

 

料理を作るのは好きだし、作った料理も美味しいけれど

食材のことや営業のことは何も知らない。

 

生徒さんに聞かれても何も答えられない

という人もいるかもしれない。

 

それも困りますね

単に好きであるということと、仕事として出来るということは違う。

 

もし、好きだけど美味しくないなら

まずはプロとしてお金をもらえるだけの料理の腕前を身につけないといけない。

 

料理に付随するもの

例えば旬の食材や、その食材が持つ栄養、献立としての見栄えや盛り付け、そういったものも勉強した方がいいはず。

 

今回は営業で話を進めますが、どの職種も一緒です。

 

営業の仕事って「話をするだけ」の仕事じゃないですよね。

 

お客さまがどんなものを必要としているのか、何に困っているのか

それが自社(あるいは自分)の製品で解決できるのかどうか

解決するのであれば、予算や内容はお客さまの希望と見合っているのか

納期は間に合うのか

お客さまに納得してもらえるような資料はどう作ればいいか

社内の関連部署とのコミュニケーションも蜜にとらないとトラブルの元にある

 

ざっと出しても、営業がやらないといけないこと

考えなければいけないことはこれぐらいある。

 

仮に分業制が敷かれてたとしても、「私、話すこと以外は知りませーん」って言うわけにはいかないはず。

 

そして、ここまでやっても売れないことが多かったりする。

そんな時に、ただ「話すことが好きだから営業やりたい」の人は言い訳だらけになるのです。

 

お客さんの意識が低いから・・・

技術が希望通りに作ってくれないから・・・

うちの製品が中途半端だから・・・

他社よりも高いから・・・

 

もちろん、そういうことも多々あります。

そうだよね、これで売れなかったら仕方ないよねということもあります。

 

でも、言い訳だけしてたら、いつまでたっても売れるようにはならないですよね。

 

そもそも、そのお客さんに提案したことは正しかったのか?

もっと工夫できることはなかったのか?

 

そうやって考えて次に活かすことが大事。

 

「ただ好きだから」だけで営業になった人は
それをやらない人が多いのです

 

ここだと私の実力が発揮できない

と開き直るか

やっぱり私はダメなんだ

と自己否定するかで辞めていく。

 

好きなこと、得意なことを仕事に活かすのは大前提

 

そもそも、嫌いなことや苦手なことを仕事にしたら、自分らしく働けないからね。

でも、それだけじゃダメっていうことも覚えておいて欲しいのです。

 

その仕事を通じて

何を実現したいのか?

自分がどうありたいのか?

お客さまやクライアントにどうなって欲しいのか?

 

それを考えて欲しいなって思うし、採用面接では、そういうところも重視しているのです。

 

だからね、どこかの誰かが

「◯◯が得意ならこの職種!」って言ったとしても

鵜呑みにしないで。

 

自分が本当にやりたい仕事、

自分のアピールポイントを活かした仕事というのは、

うまくいかないことがあったとしても、それを乗り越えるための頑張りが「苦痛」にならない仕事のことです。

 

それが何なのかはジックリ考えて下さい

 

もちろん!チャレンジした結果

あれ?やっぱり違った

って気付くのは「アリ」ですよ。

 

それは、全部財産になるし、それも含めて「自分のキャリア」です。

 

”欲しいものを全て手に入れる”そんな生き方をしよう


代表理事能登すみれのアメブロもよろしくね♡