働く女性の悩みを解決 WOMANTOWORK協会 > 働く女性支援コラム > ちょっと素敵なライフスタイル > お手軽料理の素で味覚が崩壊していませんか?

お手軽料理の素で味覚が崩壊していませんか?

どんなお料理も簡単4step!
きれいとおいしいをつくる4step kitchen代表

池ももこです

池ももプロフィール

味つけしやすいものの意外な落とし穴

「味つけ」に対するお悩みって本当に多いです

理想の味より濃くなってしまったり
薄くなってしまったり…

という味の加減がなかなか難しい~!という経験のある方も少なくないのでは?

私も昔は焦げてるんだか煮つけているんだか
よく分からないくらいどす黒い煮物を作ってしまったり、

味も色味も存在感もなさすぎて
食べている気がしない炒め物を作ったことも多々ありました。。

 

みなさんは普段お料理をする時にどんなもので味付けをしていますか?

忙しい日や今日は手軽に済ませたい~という時についつい
”市販のドレッシング”や”出来合いの素”で済ましてしまうなんてこともあるかもしれませんね

スーパーにいけば何十種ものドレッシングがスラリと並んでいますし、
酢豚の素やスープの素、
パスタソース缶などまで幅広く取り扱っています

本当に忙しい私の救世主!と重宝される方もいると思います

私もお料理を全くしない生活の頃は
これらを神様のように思ってよく使っていましたが、

料理を勉強してからは全く使わなくなりました!

 

というのもこれらの恐ろしさとそのデメリットを知ってしまったからなのです

お手軽調味料に含まれているものの中でも一番気になるのが「酵母エキス」という原料
これは人工的につくられたあらゆる味をつくりだしてしまう魔法のような成分です

これさえあれば豚肉や鶏ガラを使っていなくても豚骨風味やチキン味なども簡単に作れてしまうのです…

あら便利~♡なんて思ってしまった方は要注意!
注目すべきはこの酵母エキスが作られる工程です

酵母エキスは本来自然界には存在しない人工的につくられたものでなんとその原材料となるのは…………
食品の残りカス

もっと厳密にいうとビールの製造過程で出る廃液の酵母など
元々は産業廃棄物だったものを利用していろんなものを添加してつくりだした調味料なのです

ペットボトルのリユース・リサイクルならまだ理解はできますが、
口に入れるものまでこんな無理くりな形でつくりだしたものが入っているなんてちょっとゾッとしました

生ゴミって独特の臭いがするじゃないですか?

この酵母エキスも別のものをつくった過程ででた廃棄物が原料です
(もちろん口に入れても大丈夫なものとして売られている以上、生ゴミと全く一緒とまでは言いませんが…)

その成分のクセを取り除くため
強いスパイスや他の調味料を合わせることで独特の風味や香りをつくっています

実際にそれを食べると口の中にすっきりしない後味が残ったり、
刺激が強いので食材の自然な味わいが分からなくなったりもします

そして一番恐ろしいパターンとしては味覚の崩壊だってあり得ないことではないのです

この酵母エキスという成分は即席のタレや素にはよく入っています
味覚が壊れれば、
風味を感じとる舌もおバカになるので味のコントロールが効き辛くなります

こういった人工的な調味料はとにかく刺激が強くて
中毒性の強いものも多いですから常用しやすいものでもあります

使えば使うほど体に害を及ぼし、
どんどん自分で作るということからも遠ざかっていきます

人工的な味に慣れてしまうと
自分で作ったものがなんだか物足りない…と感じてきてしまうのですね

いくら濃厚な調味料を使っても
ここまで刺激の強いものはそうそう作れませんから味つけのバンランス感覚が失われます

 

市販の素やドレッシングに頼りがちで
お料理の味付けに自信がない方はぜひ今日からその意識を変えていきましょう!

味つけはそんなに難しいことをしなくても
スーパーにある定番調味料を組み合わせれば大概のものはおいしく作れますよ^^

和食ならお酒、お醤油、みりん(砂糖)のこの3種類があればたいていのものはおいしく作れますし、
洋食なら白ワインや酢(ワインビネガー)、あとバルサミコ酢なんかも味が整いやすいのでオススメです!

お料理にもよりますがたいていのお料理がたった5~6つの調味料で簡単おいしく作れるようになるのです

調味料は色々な場面で使っていくことでそれぞれの特製や使い勝手の良さなども分かってきます

 

自分の味覚を守ってお料理上達への道を閉ざさないためにも、
便利商品との付き合い方を改めてみてくださいね!

お料理は、実践してみることでしか上達する道はないのです

そしてただやみくもにトライしてみるのは時間もかかって大変ですから、
その頑張る方向性を間違えないことも大切

お気に入りの本やレシピを見つけて作ってみるのもとっても良いと思いますよ^^

無駄なく着実に基本や味付けのコツを学びつつ、
それと同時にお料理に対するモチべーションも上げていきたい方はどうぞ頼ってくださいね!

 

”きれいとおいしいはつくれる”食べてきれいになれる情報が盛りだくさん♡


きれいとおいしいをつくる華やか家庭料理


食べてどんどんきれいになる♡栄養学ダイエット