働く女性の悩みを解決 WOMANTOWORK協会 > 働く女性支援コラム > 働く女性のビューティー > 9月は夏の疲れがでやすい時期!『夏の疲れを癒す食事』

9月は夏の疲れがでやすい時期!『夏の疲れを癒す食事』

老けの原因を知り、美しく歳を重ねましょう♡
サロンBELLPORT代表

長澤ともこです

ともこ姉さん

『夏の疲れを癒す食事』で季節の変化に負けない体つくりを

夏がきて 高温・多湿の日が続くと
私たちの体は体温を下げるために汗をかき
体力を消耗してしまいます
汗と言えば書いた『汗と一緒に流れ出てしまう栄養素』
6、7月から暑さによる疲れが蓄積しやすいので
8、9月は特に体調を崩しやすい時期なんですよね

では夏の疲れを感じたら、どんなものを食べたら良いのでしょうか?

 

夏の疲れで体力が落ちた時に意識したい栄養素が
カリウム・タンパク質・βカロテン

それぞれ解説していきましょう

 

▪️カリウム

体の不要な熱を取り除く
むくみも解消!
夏野菜を生かすと、酢の物のきゅうりがオススメ
うちはこのメニューがよく登場します

簡単ですし、お酢は疲労回復にも効果的ですしね!

 

▪️タンパク質

夏の疲れで傷ついた細胞を修復してくれます

タンパク質は、髪、肌、爪、臓器を作る材料ですよ!
脳みそもタンパク質でできています
タンパク質の大切さが分かりますよね!

タンパク質は”体内酵素”の原料でもあります

ですから、酵素ドリンクなどで酵素を補う行動より
タンパク質を摂取しましょうね!
栄養学ダイエット検定中級
”体内酵素”や”代謝酵素”をお勉強して、痩せやすい体つくりが学べます)

手軽に食べれるものというと、ゆで卵や納豆ですね!
今の時期だとひつまぶしのうなぎがオススメ

 

▪️βカロテン

日焼けによってダメージを受けた肌をなめらかにする美肌効果

かぼちゃや赤ピーマンなどの緑黄色野菜に多く含まれます!

体がだるい、暑くてなんだか元気でないなぁと感じたら
意識して食べてみてくださいね♡

 

夏バテを予防する食べ方・飲み方

ブログでも書きましたが夏は冷房で体が冷えがちです!

冷たいものばかり飲む事により内臓をより冷やさないようにする事が大切です

・飲み物は氷をいれない
・温かいものを飲む
・水をがぶ飲みしない
・水分補給は主に水が良いですが、夏の時期は野菜や果物からビタミン・ミネラルを含む水分をとる!
・大葉やミョウガ、わさび、大根おろしなど酵素を含む食品をとって消化を助ける

こんな工夫をしてみましょう

では、また皆さんが
10年後 20年後も、健康でもっともっとキレイでいれる習慣を書きますね

 

年をとってもさびない美しさを手に入れる♡

ともこ姉さんメルマガバナー

食べてどんどんきれいになる♡栄養学ダイエット