働く女性の悩みを解決 WOMANTOWORK協会 > 働く女性支援コラム > ちょっと素敵なライフスタイル > 食事制限で肌のハリ艶を失っていませんか?

食事制限で肌のハリ艶を失っていませんか?

どんなお料理も簡単4step!
きれいとおいしいをつくる4step kitchen代表

池ももこです

池ももプロフィール

おいしく食べて肌のハリ艶を手に入れましょう

艶と潤いのある素肌やハリ感のある肌質はいくつになっても女性の憧れですよね^^

でも、そんな気持ちとは裏腹に、

”なんだか最近顔が疲れ気味…”
”頬のあたりが下がってきてる気がする…”

ふと寝起きに鏡を見ると目じりや
口角まで下がっているように感じたりすることはありませんか?

 

日中はシャキッとしていても、
夕方近くになるとお化粧の崩れも目立って別人…

なんて感じる方も意外と少なくないかもしれません

 

私も間違ったダイエットをしていた時はよくこの感覚を感じました

なんかこう…顔に覇気がないというか、
痩せても全然魅力的じゃないんですよね!不健康総で←ボロクソw

頬のあたりもスッキリしたというよりはコケている感じでしたし、
一番印象的だったのはお化粧のノリの悪さ!

その当時はお粉タイプのファンデーションとフェースパウダーの二刀流だったんですが、
時間が経てば経つほど目の下や口周りにどんどん入る線の数々。。

…顔中に亀裂が走りまくっていましたっ!!爆
(※その当時、まだ20歳前半)

 

無理な食事制限やお肉やごはんは太ると思い込んでいたことから
極端な食事制限をしたことでお肌の輝きが失われていったんです…

きれいになるために我慢をし続けた食生活でおブスになるなんて本末転倒ですよね~

今となっては毎日こんなに食べていいのかと思いながらも
お肌のためにも必要なものをモリモリ食べて調子を整えています^^

 

気が付けばあれだけ塗り固めていた舞台化粧のようなファンデは必要がなくなり、
部分コンシーラーにちょっとお粉をつける程度でも生活できるようになりました

ピチピチのはずの10代を乾燥と吹き出物面で過ごし、
華の10代後半~20代の前半では顔が老けすぎて生命保険の勧誘に何度も遭いました…笑

そんな一番何もしなくてもルンルンで過ごせたはずの青春時代を棒に振った分、
食べるダイエットに成功した今がお肌も見た目も一番若いと感じています^^

お肌に元気がないと気分の下がってしまいますよね!

そんな時こそ!
食べてお肌をぐーんと引き上げる!

内側から整えるリフトアップケアがおすすめです^^

お肌の艶めきがなく、たるんでしまう主な原因のひとつが「たんぱく質の不足」

たんぱく質といえばお肉やお魚、卵やお豆腐などの大豆製品に含まれているものですので、
”いつもそこそこ食べている気がするけれど…”と
感じる方も結構いるのではないでしょうか?

何かしら食べている心当たりがありそうだという方、
食べる「量」は足りていますか??

 

体はほぼ全身がたんぱく質でできています
髪も爪も筋肉も全身の肌もぜーんぶたんぱく質で構成されています

ということはですよ?体はものすごい量のたんぱく質が必要になるということになります

そのためにも!毎回のお食事でしっかり食べていくことが大切になってきます^^

気軽に食べられるものとしてオススメなのがお豆腐です^^

 

かつお節とお醤油でシンプルに頂くのも手軽でおいしいですし、
梅干しや摩り下ろした生姜などを加えてもこれまたおいしい♡

さらに納豆をかけて食べればダブルたんぱく質で
これだけでも嬉しい量を一度においしく食べることだってできますよね!

お味噌汁にいれたり、たまには厚揚げに変えて小松菜などと炒めるのもオススメです^^

使い方次第で軽めの1品~メイン料理や副菜までバリエーションもとっても豊か!
美味しく食べて質の良い肌づくりをしてくれます♡

 

私も料理オンチの頃は冷や奴くらいしか食べるアイディアが浮かばず
お豆腐に飽き飽きしていた時期もありましたが、

簡単においしく食べられるようになった今は
お豆腐のストックが冷蔵庫からなくなることはほぼありません(笑)

栄養学ダイエット講座では

そんな私の知恵とおいしいアイディアをふり絞ったレシピ集をお渡ししています^^
学んだ知識をすぐに実践しやすい形になっているのでおうちでの自炊も楽々ですよ(´▽`)

ぜひおいしく食べられるリフトアップ法で艶めく美肌をてづくりしてくださいね♡

 

”きれいとおいしいはつくれる”食べてきれいになれる情報が盛りだくさん♡


食べてどんどんきれいになる♡栄養学ダイエット