働く女性の悩みを解決 WOMANTOWORK協会 > 働く女性支援コラム > ちょっと素敵なライフスタイル > きれいをつくるヨーグルトの賢い選び方

きれいをつくるヨーグルトの賢い選び方

どんなお料理も簡単4step!
きれいとおいしいをつくる4step kitchen代表

池ももこです
池ももプロフィール

ヨーグルトは”バランス重視”で選びましょう

美肌や整腸作用やダイエット、そんな目的で毎日ヨーグルトを食べるという方も多いのではないでしょうか?

”生きたまま腸まで届く”
”夜飲んで朝スッキリ!”

こういったフレーズで売り出されていることが多いので、
健康や美容にも欠かせない食べ物としてもすっかりおなじみですよね!

一口にプレーンヨーグルトと言ってもそこにに含まれている菌種や味も様々
そして今ではトロッとしたものからムースのように濃厚な口当たりのものまでたくさん出ていますよね

もうどれを選べば良いのか分からないんですー!というお悩みもよく頂きます

そこで今日はヨーグルトの賢い選び方についてご紹介したいと思います^^

 

みなさんはお気に入りのヨーグルトはありますか?
そしてそれはどんなところを見て選んでいるでしょうか?

「体に良さそうだから」とか、「なんとなく食べやすいから」というようなイメージや感覚で選ぶこともあると思います

良さそうなことが書いてあることも多いので、迷っちゃいますよね!

そういう時にぜひ基準にして頂きたいのが、

”原材料名”です

 

原材料名はざっくり分けて生乳と乳製品の2つに分類されます

簡単に言うとヨーグルトの純度が違います

 

生乳は絞りたての牛乳をそのまま最低限の加工のみでつくってできているものです
(ちなみに最低限の加工というのは、殺菌や成分調整など食品衛生法をクリアするための加工ですね!)

乳製品というのは脱脂粉乳やクリームなどを加えてつくったものです
ヨーグルト独特の酸味を和らげて味をマイルドにしたりコクをだしたりする時に使われています

 

食べやすい加工がされている分、生乳よりも炭水化物の量が多いのが特徴です

炭水化物はごはんなどでしっかり摂るほうがエネルギーとしても効率良く使えるので、他のものでたくさん摂ることはオススメしません

純度の高さと余計なものが入っていないというところで言えば生乳のヨーグルトが良いです^^

整腸作用など体に与える効果で言えば生乳でも乳製品でもそこまで大きな差はないので、
その時のお食事のバランスに合わせて選んでみてくださいね!

 

よく食べるタイミングなどを気にされる方もいらっしゃいますが、

それよりも大事なのは

”良いものを習慣化して毎日楽しく続けていくこと”

これに限ります^^

 

私自身、−15キロのダイエットに成功した秘訣もまさにここでした

栄養のあるおいしいごはんを毎日食べ続けたことで今の私があります
なんでも簡単おいしく食べられる方法が分かった今は、ダイエットだって楽しく取り組めるようになりました^^

2年半前までお米もまともに炊けなかったとしても、ここまで変わることはできるのです

知識の経験もゼロ、誰に教わることもなく自分の目で見て体で実感したことだけを信じてここまできました

そして今度は栄養学ダイエット講座でたくさんの生徒様が体調や体型の変化を実感し、
毎日のお食事を楽しんでくれています

最近では”生理痛が治った” ”暴食がなくなって体が軽いです~!”というお声もたくさん頂き、
自分のことのように嬉しいです…!!

 

これは私だけが特別に成し遂げられたことでもないと思っていますし、
誰にでも食事から自分の理想に近づくことはできると確信しています

1人で悩んでいる方はぜひ頼ってくださいね

食事を選ぶときにはその選択肢の違いが分かるかどうかで自分の健康のバロメーターも決まってきます

 

ヨーグルトでもなんでも同じで、大切なのは見極める力と実践力を養うことです

おいしいものや情報が溢れている今だからこそ自分で良いものを選択していける力を身につけていきましょう!

難しい知識やストイックなことは必要ありません

毎日の生活の中で続けていきやすいお食事メソッドとインナーケアの知識さえあれば一生健康で美しくいられます♡

体型などのお悩み解消はもちろん、理想の自分に近づくための食事面でのサポートはいくらでもできますのでどうぞお任せくださいね!♡

 

”きれいとおいしいはつくれる”食べてきれいになれる情報が盛りだくさん♡↓


食べてどんどんきれいになる♡栄養学ダイエット↓