働く女性の悩みを解決 WOMANTOWORK協会 > 働く女性支援コラム > ちょっと素敵なライフスタイル > ランニングをしても痩せにくい理由とは?

ランニングをしても痩せにくい理由とは?

どんなお料理も簡単4step!
きれいとおいしいをつくる4step kitchen代表

池ももこです

池ももプロフィール

痩せるためにランニングをする女性はとても多いです

「最近体がたるんできたからダイエットのためにも明日から走ろう!」

ダイエッターさんや意識の高い方にも多いのが、いきなり運動を始めてしまうことです


特にランニングなどの激しい運動は、たくさん汗をかいて体も温まりやすいので
脂肪をそぎ落として痩せるためには効果抜群だと感じる方も多いのかな?と思います


そんな脂肪燃焼の期待を胸に

毎日ランニングを続けてみても、


体重はぴくりとも変わらない…
減ったとしてもやめればすぐにリバウンド…


こんな経験はありませんか?

運動をして、少しでも変化が見られればモチベーションも上がりますよね!

ですが毎日必死になって運動した割にはあまり痩せられた効果を感じられないと

結局長続きしない…


“頑張ってランニングしてカロリーを消費しているはずなのに、なんで痩せられないの?”

という答えの見えないループにハマってしまったり、


“やっぱり私は太りやすい体質なのかな?”

なんて体質や遺伝のせいにしようとしてしまったり、
うまく痩せられなかった理由を探しはじめてしまうんですよね

太っていた頃の私もまさにそうでした

ジョギングやウォーキング、ジムやヨガ、時にはキックボクシングなんていうかなりハードなスポーツにまで手をだしたこともありました

(…今考えると、キックボクシングは痩せるというよりも強くなりそうですがw)


でも朝は寒くて動く気が起きなかったり、雨の日はジムに行くのも面倒だったり…
どれもなかなか続かず、もっても半年が限度

もちろんダイエット効果もイマイチ感じられませんでした


そんな運動しても痩せられなかった自分の経験からも言えることはただひとつ、

「運動=痩せる」は、直接的な繋がりが極めて薄いということです


実際に私もここ数年で−15キロを経験していますが、

これは運動をやめて食生活を整えたことでついてきた結果です


おいしいものをたくさん食べながら毎日楽しく過ごしていますが、

いまだに大きなリバウンドもありません^^


痩せやすい体をつくる鍵を握っていたのは
運動量ではなく”食事の質”でした

もちろん、運動がムダだと言っているけではありませんよ!

運動でも脂肪燃焼効果は期待できますし、筋肉を落とさないためには大切なツールのひとつです


ですが、消費カロリーからみると運動はそんなに有効的なものではないのです
ランニングでかいた大量の汗や、

にっくき脂肪がメラメラと燃えているような気になっているのは、

残念ながら体の水分量が失われただけで、脂肪自体ががっつり落ちているわけではないんです
というのもランニングを1時間走り切ったとしてもその消費カロリーは約300キロカロリー前後
(※性別や体格によって異なります)


300キロカロリーというと、ししゃもで言えば2匹分程度です

…1時間頑張って走ってししゃも2匹です



しかも運動をするとお腹が空きますよね?

ここでまたたっぷりエネルギー補給をすれば、運動した分の消費カロリーは一気に水の泡です

運動量以上に食事量が上回れば、当たり前ですが痩せるどころかどんどん太ってしまいます


私たちが運動以上に毎日欠かさず続けていかなければいけないものは、

栄養のあるおいしいお食事です

食事の質やバランスをコントロールしていくことこそ

私たちが本当の意味で健康的に美しくなれる方法なのです


きれいな体づくりにはまずは日々の食生活を要チェック!

毎日のごはんをおいしく楽しみながら、サビない健康的な美しさをつくっていきましょう!

 

”きれいとおいしいはつくれる”食べてきれいになれる情報が盛りだくさん♡↓



食べてどんどんきれいになる♡栄養学ダイエット↓