働く女性の悩みを解決 WOMANTOWORK協会 > 働く女性支援コラム > ちょっと素敵なライフスタイル > 食べる潤いケア!目元のくすみを解消してくれる食材とは?

食べる潤いケア!目元のくすみを解消してくれる食材とは?

目元のくすみをスッキリ解消!瞳美人になる方法

どんなお料理も簡単4step!
きれいとおいしいをつくる4step kitchen代表

池ももこです

池ももプロフィール
 

”目の疲れや目元のくすみが気になる…”という経験、

一度や二度は感じたことがあるのではないでしょうか?

 

仕事で長時間パソコンを見たり、

休憩時間にスマホや携帯を眺めていたり、

おうちでなんとなくテレビを見たり、

私たちは毎日無意識のうちにものすごーく目を酷使しています

 

特に上に挙げたような同じところを集中して見続けているような場合、

目の筋肉がずーっと緊張し続けるので、目が筋肉疲労を起こしてしまうんです

 

そうすると目がかすんだり、夕方になると目元のお化粧ノリがなんだか良くなかったり。。

だんだん目元の疲れを意識するようになります

 

私も会社員時代、夕方になると目の下にファンデーションの亀裂が入っていた時は必死に指で伸ばしていました(笑)

 

そんな切ないことが起こる度に、

めちゃくちゃ潤うと評判のいい目薬を使ってみたり

肌馴染みの良いクリームタイプのファンデーションにしてみたり

はたまた目の下にワセリンを塗りたくってみたり(笑)

効いているのかどうかもあやしいと思いつつ、その場しのぎをしてやり過ごしていました

 

どれも全く意味のないものではないとしても、その効果はあくまでも”一時的”

(しかもファンデーションに至っては上塗りして隠しているわけなのでただの隠ぺい行為w)
もっと根本から解決できたら嬉しいですよね!

 

そんな効果も持続力もあるものとしてオススメなのが、”食べる潤いケア”です!

きれいな瞳をつくるにはビタミンのチャージが欠かせません

そんな目元の粘膜ケアや目の充血を防いでくれるもののひとつが「緑黄色野菜」

その中でも、手軽に摂れるもののひとつとしておすすめなのが「ほうれん草」です^^
スーパーではほぼ一年中手に入りますし、最近ではコンビニでも売っているのを見かけるようになりました

 

でも”買ってもなかなか使い切れない…”という方のために、いくつか取り入れやすそうな方法もご紹介しますね!

・サラダの葉物野菜(レタスなど)をほうれん草に変える
・一気に茹でておひたしや胡麻和えにする
・お味噌汁やスープの具材にする
・ベーコンや豚肉とソテーにする
・外食ならほうれん草の入ったものを頼むetc…

…ほうれん草、優秀説!笑

ちなみに、おひたしは軽く茹でてポン酢とかつお節をかけるだけでもおいしいですよ♪

生でも少しの湯通しでもすぐにおいしく食べられるのでオススメです^^

(この辺のきれいをつくる食材の上手な使い方やレシピなどは栄養学ダイエット講座でも学べます^^)

 

積極的に摂るようにしなくちゃ~!と思いすぎなくても大丈夫

たっぷり摂るには自炊が一番オススメですが、ほうれん草なら外食でも取り入れやすいと思います^^

できるところからちょっとずつ試してみてくださいね!

毎日のお食事をおいしく楽しみながら、潤いのある瞳美人を目指しましょう♡

 

”きれいとおいしいはつくれる”食べてきれいになれる情報が盛りだくさん♡↓


食べてどんどんきれいになる♡栄養学ダイエット↓


”欲しいものを全て手に入れる”そんな生き方をしよう


代表理事能登すみれのアメブロもよろしくね♡